チンパンジーのベッドは皿形

チンパンジーのベッドはお皿形をしている。

その形には意味があるのであろう。

 

人は脱力状態になると

股関節や膝の関節などが軽く曲がった状態になるらしい。

レム睡眠時では骨格筋が脱力する。

 

チンパンジーの脱力した体を

皿形のベッドは心地よく受け止めてくれるのかもしれない。

 

チンパンジーは一頭ずつ眠る。

5歳くらいまでは母親と一緒に寝るが

それ以降は自分でベッドを作るのだ。

 

7歳のチンパンジーとその母親を観察した記録では

日中は付かず離れずで行動していた。

 

しかし夜になると

まず母親が自分のベッドを作りはじめ、

しばらくして子供のチンパンジーがベッドを作り始めた。

 

その距離は40メートルほどで

かろうじて互いが見えるくらい。

 

そのほかの5回の記録を見ると

その距離は平均で17メートルほどであった。

 

一緒のベッドでは眠らないけれど

互いに無関係というわけではなく、絶妙な距離を保っている。

Embed from Getty Images

チンパンジーは人類に最も近い、霊長類の一種だ。

 

800万年から500万年前に

ある共通祖先から分岐したと考えられている。

 

当時は現代人より脳の大きさは1/3ほど、

容姿も違っていた。

 

初期人類は木の上で生活をしていたらしい。

 

では、なぜ人類は地上で眠り始めたのか。

理由はよくわかっていない。

しかし

祖先がサバンナで生活を始めたことによるところが

大きいであろう。

 

現代では文化や社会により、多様な眠りが存在するが

チンパンジーが作るベッドに

人間の快適な眠りに対する、基本的なヒントがあるのかもしれない。