イースター島の場合

イースター島が人類に知られたのは

1722年。

オランダ人のロッゲフェーン船長率いる艦隊による。

 

モアイ像については

なぜそこに石像があるのか

誰が作ってどうやって運んだのか、謎のままであるが

その謎の調査を初めて正確に行ったのは

ノルウェーヘイエルダールという冒険家だ。

 

Embed from Getty Images

 

転がっている像を

どうやって立てるかというのは原住民は知っていた。

だが

運ぶ方法が解明できなかった。

 

そして、なぜ運ばなくなったのか。

 

運搬には諸説あるが

運ぶ際には木や、クッションとなるトトラという

草などが必要だ。

しかしある時期、人間が増加し

森の破壊、集落間の戦いによる森の消失などにより

材料がなくなってしまったことが原因ではないかとも

言われている。