デボン紀の大量絶滅

デボン紀オルドビス紀終了後

シルル紀を挟み、4億1600万年前から3億5920万年前まで

およそ5700万年にわたって続いた。

 

デボン紀は「魚の時代」である。

デボン紀初期には石灰化した骨格を持つ初めての

本格的脊椎動物、原生の魚の大半を占める、

硬骨魚類が登場した。

 

硬骨魚類の3大グループである条鱗類、

総鱗類および肺魚類が出現し

板皮類の魚とともに大繁栄を遂げた。

Embed from Getty Images

デボン紀後期には

陸水系に進出した総鱗類の一部から

鱗を手足に変え、陸上に進出する

最初の両生類が進化している。

 

また史上最初の本格的な「木」の森林が

内陸部に向け広がり

六脚類(昆虫)を含む多くの陸上節足動物

姿を現した。

 

デボン紀の大量絶滅の特徴は

海洋生物の上に

より強く現れ、陸上生物については顕著ではない。

 

地球全体が寒冷化し、

温かい海を好む生物が被害を受けた絶滅のピークは

デボン紀と次の石炭紀の境目ではなく

デボン紀後期のフラスヌ期とファメン期の間に起こっており

F/F境界絶滅と呼ぶ人もいる。

 

1982年に発表された統計では

全海洋生物の科の21%、属の50%が絶滅、

のちの発表では

種のレベルで83%が消滅したというデータもある。

 

陸生生物についてはデータが少ないが

大量絶滅の影響を受けていることは確かである。