スパイになるにはまず訓練

まずは実地で尾行の訓練集団。

訓練場で訓練するというのは第二次世界大戦中の話。

訓練の50パーセントくらいは実地で役に立つ。

 

スパイの供え、

持っていなければならないもので一番重要なものは運。

 

運と

それをうまく利用する能力で、

それは一般社会でも同じである。

 

常に目を見開き、耳をそばだてていること。

スパイに非番はない。

 

自分の周辺状況に注意を払い

遅かろうと早かろうと、

訪れた偶然の幸運を逃さないことが肝心である。

 

本格訓練の前に以下を自身で練習してみる。

1 目標を選び5、6時間尾行する。

2 気付かれたら人を変えて同じことをする。

3 相手の名前、職業、結婚、家族、

  住所、勤務先、車両、趣味を探り出す。

  これを行うにはかなりの洞察力が必要。 

Embed from Getty Images

◎第二の皮膚

工作員の心得書きの第1条に常に掲げられるのは

理想の準備と維持。

 

第二の皮膚のように、その人にぴったり合い

完璧に近いものに仕上げられなければならない。

 

◎正しい偽装を構成する要素

1 偽装はニセ経歴(レジェンド)に基づく。

  これは実際の、あるいはこしらえものの、

  過去からかけ離れたものではいけない。

2 本人の外見に合わされるべき。

3 性格的特徴、性癖も考慮しなければならない。

4 資格を持っている専門職、肩書きは用いない。

5 生活様式が、選んだ偽装に適合していなければならない。

6 ニセ経歴はできる限り真実に近いものであるべき。

7 現地工作員は、従事している国の法、規則を

  遵守すべき。

8 逮捕された場合、小さい犯罪を自認することにより

  大きな犯罪を隠し通すことができる。

9 目立たない。

  場合によっては、目立って脚光を浴びる。