アジアのアールデコ

アジアのアールデコとみなされる建物の

建築家の出自は多様で

フランス、アメリカ、イギリス、オランダ、ハンガリー

日本、中国、韓国に及んでいる。

 

アールデコの建物がどれくらいあるかというと

フランスやアメリカとの関わりはあまり関係なく

1920年から30年代のその場所の建築活動が

どれくらい活発であったかということに関係している。

 

アジアでの代表的な場所としては、上海。

上海にはサスーンハウス、中国銀行総行、

ブロードウェイマンションなどいくつかの大規模な

アールデコ建築が見られる。

 

Embed from Getty Images

インドネシアにもオランダの建築家が設計した

旧輸出入銀行、コタ駅舎、

フランス人建築家が作ったプノンペン中央市場などがある。

 

ほか、

天津の新華信託銀行、これは中国人の建築家によるもの。

香港のコーズウェイベイにある聖馬利亜堂(中国の建築家)。

 

台湾の中山堂、美国文化中心は日本人建築家によるもの。
ほか、台湾土地銀行の別館などがある。