フランスのアールデコ建築

1931年

植民地博物館、正面の広大な壁面全体のレリーフが特色。

近代美術館、シャイヨー宮、パリ万博の際に建てられた。

 

1930年

パリ国立銀行BNP 本店)

 

1928年

サマリテーヌ百貨店2号館

 

ミュージックホールの代表作は1929年

フォリベルジェール、正面のファサードが特徴的。

 

映画館では1932年

パレベルリッツ。

1932年

レックス。

 

1921年

ルクソール、集合住宅としてはジャンブーシェ作の

グリル通り2番地のアパートがある。

 

アメリカ のアールデコ建築

1930年代までの主だったアメリカの建築家は

皆フランスに留学しており

フランス流の建築観は浸透していた。

 

サンフランシスコ、ロサンゼルス、シカゴにも

アールデコ建築は多々ある。

 

Embed from Getty Images

 サンフランシスコでは

カリフォルニア大学ヘイスティング法科大学院マッカリスタータワーと

サー・フランシス・ドレイクホテル 。

 

ロサンゼルスではセントラルライブラリー、

タイトルギャランティビル。

 

シカゴではインターコンチネンタルホール、

Chicago board of Trade ビル。

 

ニューヨーク摩天楼には

ほとんどアールデコ装飾が用いられている。

代表はエンパイアステートビル

クライスラービルロックフェラーセンター

特にクライスラービルの最頂部の表現は特徴的である。