アールデコの建築家

アールデコを代表する建築家の名前をあげるのは

意外に難しい。

専ら建築の内在的な探求から生まれたのではなく、

商業的、政治的な要求に応じた結果か。


服飾家具、照明器具、ポスターなどは

デザイナーを簡単にあげることができるが、

建築となると容易ではない。


フランス建築において多作性、大衆性と意匠性において

最もアールデコ的とされる建築家として

ジャンブーシェがいる。 

 

ブーシェは少なくともパリに72棟の建築を行っている。


ただし彼の経歴ははっきりしていない。

 

アールデコのパイオニアとしては

フランク・ロイド・ライトの名が挙げられる。

Embed from Getty Images

 

彼は近代建築の巨匠とされているが

1897年のシカゴのオフィスビル案と映画館案のファサード

アールデコと呼んでも差し支えない。


その後プレーリーハウスと総称される多くの住宅を作り出すが

その細部の造形はまさにアールデコ的であった。


ウィーンのセセッションの中には

アールデコの先駆とも見られる造形が多い。

 

オットーワーグナーの生徒たちの作品は

アールデコ的なものが多く

ヨーゼフホフマンのストックレー邸は

アールデコの先駆的作品として名高い。

 

チェコキュビズムによる建築」


1880年頃生まれの建築家がキュビズムの影響を受け、

ユニークな作品を次々と生み出していく。


アールデコの先駆的作品としては

ホホルが1913年に完成させたプラハのヴィシュフラット地区の

三つの作品がある。