アールデコ の時代

アールデコの時代は1920年から1930年代。

二つの世界大戦の間の時代となる。


アールデコは大衆を相手として生まれたスタイル。
尖鋭的なアバンギャルドではなかったアールデコの作品は

鮮やかで官能的である。

 

アールヌーヴォーの繊細な官能性がアールデコでは

頑丈で乾いた官能性へと変わっている。

 

この時代、人々の大陸間の移動が飛躍的に増大した。

手段はもっぱら客船によったもので

大型客船内の装飾の主流はアールデコであった。

 

この時代、百貨店が多様化し

市場調査、販売、製造を行うようになり

大衆の生活と密接に関わるようになった。

 

日本でも百貨店が大衆化していった

日本橋三越新宿伊勢丹など)。

Embed from Getty Images


ほか、映画「キャバレー」、ジャズの流行などがあり

アールデコの時代に世界は急速に狭くなりつつあり、

東洋の文化が世界に広まりつつあった。

 

今日の都市文化の基礎はこの時代にできあがっていった。

 

広告を非表示にする