ローマの奴隷制度

ギリシャもローマも奴隷制の社会であったが、
ギリシャでは

生涯、奴隷は奴隷として生活するのが普通であった。

 

一方ローマでは

解放奴隷という存在が定着しており
奴隷から解放される資格者にはローマ市民権さえも与えられた。

 ローマ人家族は奴隷と密接に関係しており、

奴隷なしでは生活できなかった。

 

共和制時代には戦争奴隷の供給があったが

帝政時代に入ると防衛が主となり

戦争奴隷の数が減っていった。

後に奴隷同士の結婚が奨励されるようになっていく。

ローマ時代にはスパルタクスの乱のような大規模な反乱は

一、二度しかおこっておらず、

主人と奴隷との強い絆が築かれていたようだ。