パンとサーカス

パンとサーカスという言葉に要約されるように、

ローマ人といえば小麦の無料配布を国から受け、

働く必要もない 。

これまた無料で提供される見世物を楽しんで遊び、

それらの費用は非支配者である属州民からの搾取で賄われた

というのが定説となっている。

 

パンとサーカスというのは紀元100年前後に活躍した

風刺詩人ユヴェナリスが言い出したもの 。

 

パンとサーカスの始まりは紀元前123年。

ガイウスグラックスが成立させた小麦法から始まる。

 

国家が一定量の小麦を買い上げ、

それを市価の半値程度で都市のプロレタリー

(日々の 労働によって生活の糧を得るしかない人々)に

売ることと決めた法律。

 

その後、元老院派のスッラにより撤廃されるが、

民衆派コッタにより復活する。

 

配付数の上限を4万人としたが

元老院派小カトーがその上限を撤廃、
それに対抗した民衆派クロディウスが配布を無料化した。

これは共和政時代の話。

帝政時代になり配給者数が変わっても、無料配布は続く。 

Embed from Getty Images

 

受給資格者は貧民だが

実際は
首都在住のローマ市民権の所有者なら誰にでも権利があった。

 

需給量は 1日に32.5 kg。
家族が生活をしていくには少ない量であり、

生活をしていくための最低保証なのであった。

 

さてローマ人の休日は不定期であったようだ。

年間約65日と言われており、

現在の先進国とそれほど変わらない数字であった。

 

休日の多くはただ祭儀が行われるだけであったが

あわせて皇帝たちがスポンサーとなって

大規模な見世物が行われた。

 

それは皇帝の人気とりであり、

また世論調査の機能を果たしていた。

 

ローマの1日とは、24時間を

日の出から日没までの12時間、

日没から次の日の出までの12時間としているので、

季節で1時間の長さが違う。

 

通常は日の出前に起き6時頃から仕事、

正午から午後1時ぐらいで終了、その後昼食。
2時からは公衆浴場で疲れを取る。

 

ローマ以外の属州にも

ローマと同様な闘技場があり、公衆浴場がある。
ということは、おそらく

属州民もローマ人と同様の生活を行っていたのではないだろうか。

 

広告を非表示にする