昆虫の多様性

現在知られている昆虫の種類は百万種を超え、

既知の全生物の半数以上を占める。

 

昆虫は動物の一群、節足動物門 昆虫網という 

分類に含められる。

 

地球上は昆虫だらけ。

 

体の特徴は大きく

「頭部」「胸部」「腹部」の3パートに分かれ、

足は6本である。

 

昆虫がなぜこれほど多様性を極めたか。

 

それはまず、

昆虫の特性として「跳ぶこと」「変態すること」にある。

 

99パーセントの昆虫は跳び、

80パーセント以上の昆虫は「完全変態」を行う。

完全変態とは

幼虫からさなぎになり全く姿の異なる成虫になることである。

 

f:id:ojicalifornia:20170826133836j:plain

 

次に

跳ぶことにより生活圏を広げ

天敵から容易に逃げることができるようになった。

 

さて

変態により彼らは

幼虫時と成虫時の生活環境を違える(分業)ことができる。

幼虫のときは餌が豊富にあるところで確実に自身を成長させ、

成虫になってからは各自が分散、

近親者のいないよりよい場所に産卵をし

その場所場所に適応していったのだ。

 

そして適応していく過程で突然変異が起き

多様化、進化を遂げていった。