サグラダ・ファミリア2

サグラダ・ファミリア

7.5メートルと17.5メートルという数字が基準となり

寸法が決められている。

 

柱の間隔、大きさ、高さが

それらの倍数となっている。

 

7.5メートルとは

カタルーニャ地方では古くから歩測で距離を測るとき

1歩分をカーニャと呼び、75センチとしてきた。

ほか、洋式軍隊が行進するときの1歩が75センチが基準とされており

その10倍となっている。

身体感覚としてより分かりやすいこの数字を選んだようだ。

 

f:id:ojicalifornia:20170812130152j:plain

 

ガウディは1898年から1908年にかけて

「コロニア・グエル教会の逆さ吊り実験」

というものを行った。

天井に両端を固定した糸を何本か吊り下げて

その先におもりを付けた。

 

懸垂曲線(重力で引っ張られることによって描かれた曲線)は

重力による引っ張り力のベクトルと一致した状態となっている。

それを180度回転させれば圧縮力のベクトルが

アーチ形状と完全に一致した状態となり

もっとも無駄のない構造となる。

 

コロニア・グエル教会の地下礼拝堂はこの実験を実践、

自然と調和した完璧な建物の一つである。

 

この実験を行ったとき

すでにサグラダ・ファミリアは建設中であったので

逆さ吊りの着想を早くから持っていたガウディは

彼が最初から関わることのできる

このコロニア・グエル教会で実践したのではないかと思われている。

 

逆さ吊り実験に基づく構造はサグラダ・ファミリアにも取り入れられており

内部の柱はすべてが枝分かれしている。

 

これは

過去の大聖堂の建築に見られたフライング・バットレスをなくしたため

大きな採光空間を得ることができるものとなった。