サグラダ・ファミリア1

アントニオ・ガウディ

 

もっとも有名な建築物は、やはり

サグラダ・ファミリア(聖家族贖罪聖堂)である。

 

サグラダ・ファミリア建設の主任建築家としては

実はガウディは二代目にあたる。

 

教会は未だに建築中であるが

初代建築家の描いた図面のまま建設されていたら

今日のように有名になることはなかったであろう。

 

ガウディは建物をつくる上で

あまり図面を重視していなかったようである。

 

各部の精巧な石膏模型を作り、それをもとに職人たちに

指示をした。

建物をつくりながら模型も修整をしていき

職人はそれを見てガウディの考えを理解し形にした。

 

図面はガウディにとってあまり意味をなさないのだ。

 

彼は職人の中に入っていき、模型を見せて提案、

造形は職人だ。

 

ガウディは職人たちの力を非常に大切にしていた。

その象徴として「職人たちの紋章」がある。

 

ガウディは

「大窓のある聖堂の側壁、その要石のところに彫れ」

と、職人たちに彼らの紋章を彫らせた。

そして

「そこにはJMJというアルファベット文字を入れよ」

と指示。

 

JMJとは、イエス、マリア、ヨセフを意味し

聖家族に捧げるこのサグラダ・ファミリアを意味している。

 

  f:id:ojicalifornia:20170811144538j:plain

 

サグラダ・ファミリアの建物は一見、

曲線を多用しているように見えるが

実は

双曲線面、放物線面を使い

基本的には直線で構成されている。

 

ガウディは水平と垂直が交差するところに

放物線面を使い、構造的な問題を解決している。

 

ガウディはこの構造を自然から学んだ。

 

構造上の必要な部分にはこのような幾何学を用いているが

その他の部分は職人に任せ、

自然が持つ偶然性にならおうとした。