ミトコンドリアDNA

ルイ16世が処刑されたあと

ルイ17世

わずか7歳にしてタンブル塔に幽閉されたまま、王位を継承。

 

10歳で病死とされているが、それは替え玉であり、

実際には生きていたとの噂もある。

 

後世に

「我れが17世である」

と名乗り出たものも多数。

なかでもよく知られているのはノンドルフという人物。

 

病死とされた遺体がルイ17世のものであったのかを確定するため

その心臓のミトコンドリアDNAを

ルイ17世の母であるマリー・アントワネットの毛髪、

マリーの姉の子孫であるアンナ・アントワネットの血液などの

それと比較調査した。

 

f:id:ojicalifornia:20170716213744j:plain

 マリー・アントワネットとマリー・テレーズ王女、ルイ王太子(ルイ17世)

 

結果、

すべてに完全に近い一致をみた。

 

であるから

ルイ17世の10歳での病死は事実であると考えられる。

 

余談までに

前述のノンドルフのミトコンドリアDNAでも

調査を行ったが一致しなかった。

 

科学技術の進歩には驚嘆させられる。