太陽系外惑星ハンティング

火星にかつて生命がいたという証拠として

紹介された隕石から発見されたとする微化石

バクテリアの外鞘の微小な残骸>

については、

さまざまな議論の末、公には認められていない(2011年現在)。

 

ほか、

火星生命に関する議論には結論が出ておらず、

決定的な証拠がなければ認められない。

 

公認派、反対派の主張は平行線を辿っている。

 

太陽系外惑星ハンティング

 地球に似た太陽系外惑星

2011年当時は発見されていなかったが

技術も進み、地球から39光年のところで

地球に似た惑星が7つ発見(2017年)されたりと

話題に尽きない。

 

f:id:ojicalifornia:20170715132520j:plain