火星にメタンが存在するということ

火星にメタンが存在する

ということは

火星が生きている、または、生きていた

ということを示す証拠である。

 

f:id:ojicalifornia:20170715132948j:plain

それはマイケル・マンマによってはじめて

場所と時間を特定したうえで確認された。

 

NASAによる火星探査計画が進められた(2011年時点)。

 

その計画に先立ち

2004年にはローヴァーが火星に着地、

さまざまなデータを採取した。

 

それは火星が過去に居住可能な惑星であったことを

確信させるものであった。