チンパンジーのベッドは皿形

チンパンジーのベッドはお皿形をしている。

その形には意味があるのであろう。

 

人は脱力状態になると

股関節や膝の関節などが軽く曲がった状態になるらしい。

レム睡眠時では骨格筋が脱力する。

 

チンパンジーの脱力した体を

皿形のベッドは心地よく受け止めてくれるのかもしれない。

 

チンパンジーは一頭ずつ眠る。

5歳くらいまでは母親と一緒に寝るが

それ以降は自分でベッドを作るのだ。

 

7歳のチンパンジーとその母親を観察した記録では

日中は付かず離れずで行動していた。

 

しかし夜になると

まず母親が自分のベッドを作りはじめ、

しばらくして子供のチンパンジーがベッドを作り始めた。

 

その距離は40メートルほどで

かろうじて互いが見えるくらい。

 

そのほかの5回の記録を見ると

その距離は平均で17メートルほどであった。

 

一緒のベッドでは眠らないけれど

互いに無関係というわけではなく、絶妙な距離を保っている。

Embed from Getty Images

チンパンジーは人類に最も近い、霊長類の一種だ。

 

800万年から500万年前に

ある共通祖先から分岐したと考えられている。

 

当時は現代人より脳の大きさは1/3ほど、

容姿も違っていた。

 

初期人類は木の上で生活をしていたらしい。

 

では、なぜ人類は地上で眠り始めたのか。

理由はよくわかっていない。

しかし

祖先がサバンナで生活を始めたことによるところが

大きいであろう。

 

現代では文化や社会により、多様な眠りが存在するが

チンパンジーが作るベッドに

人間の快適な眠りに対する、基本的なヒントがあるのかもしれない。

夜寝ている時に雨が降ってきたら

夜、寝ている時に雨が降ってきたら

チンパンジーはどうするか。

 

観察記録では

10分ほどベッドでじっと座ったまま、 やがて立ち上がり

幹を大きく揺すって木から降り藪の中へ向かっていった。

 

藪の向こうでは騒ぎの声がしていた。

 

これは

昼間に豪雨があった時の行動とほぼ同じだった。

 

チンパンジーは昼行性であるが

夜に全く動かないわけではない。

 

夜間に行動する昼行性の霊長類の話は何件も報告されている。

 

ゴリラやニホンザルゲラダヒヒなど

夜は眠る時間なので、昼間と同様というわけではないが

声を出したり何かものを食べたり、歩いたりするようだ。

 

チンパンジーが夜に出す音の調査によると

まずベッドグラントの音である。

 

ベッドグランドとは

ベッドを作り終えたあと、眠る前に出す

「オッオッオッオッ」

などの落ち着いた感じの声のこと。

 

夜の9時頃になると声はほとんど聞こえなくなり

夜11時頃から深夜2時頃には

パントフートと呼ばれる抑揚のある大きな声が聞かれた。

 

仲間がこの声に応じることもあり

大騒ぎとなることもある。

 

3時、4時には再び声が聞こえなくなり

朝の5時頃、パントフートの声が多くなると

そのまま朝を迎え、活動を開始する。

Embed from Getty Images

では

夜に声を出すきっかけとなるのは何か。

 

それは排泄に関係があるらしい。

 

排泄音の後には

パントフートがよく聞こえてくる。

 

チンパンジーは排泄は

ベッドから尻を出して行うので、寝ぼけながらもできそうだが

ある者は目が覚めて、起きてしまうのかもしれない。

 

その時の声に仲間が呼応して騒ぎとなるのだ。

 

我々は現代、

夜に眠ると朝まで起きないのが普通のように考えられているが

産業革命以前には

夜間、一度起きて

排泄やおしゃべりをし、また眠るということが

普通のことだったようである。

チンパンジーも夢を見ている。

 

動物にもレム睡眠とノンレム睡眠がある。

 

睡眠時間はまちまちで

猫は13から14時間、

アフリカゾウは約4時間、

うさぎは約8時間、

犬は8から13時間、

ネズミは13時間、

アルマジロは18時間も眠るらしい。

 

猫のレム睡眠の長さは睡眠時間の約1/4で

周期は約30分弱。

 

アフリカゾウでは割合が約1/2で

周期は約2時間。

ネズミは割合が約1/10 から1/5で

周期は10分弱らしい。

Embed from Getty Images

 

肉食系の動物の方が睡眠時間が長く

草食系で見ると

体が大きな動物ほど睡眠が短く

レム睡眠の周期は脳が小さいほど短くなる。

 

チンパンジーのレム睡眠、ノンレム睡眠の周期は

86分で、ほぼ人と同じ。

レム睡眠の割合も、ほぼ人と同じになる。

 

レム睡眠時の脱力した状態を受け止めるのにも

ベッドは重要な役割を果たしている。

 

チンパンジーの寝相はどうかというと

観察されたデータでは

70%は横向き、仰向けが20%、うつ伏せが10%程度。

 

横向きの時が

同じ姿勢で眠り続けることが多かったとのこと。

 

これは人の場合とほぼ同じで、

ある実験論文によると、人は

60から70%は横向き、

20から30%が仰向け

約10%はうつ伏せで眠っていた。

 

チンパンジーは夜も動き回る。


うつ伏せになって排泄をする以外にも

日の出前に体を動かし始める。


子供のチンパンジーの鳴き声や

仲間が出会った時に発する「オッオッオッ」という声が聞こえ

そのうち暗闇の中を走り回る。

チンパンジーは木の上にベッドを作るが

住んでいる地域に捕食者がいない場合は

木の上だけではなく

地面の上にベッドを作ることもあるそうだ。

 

ゴリラなども

シルバーバックと呼ばれるオスのゴリラがいる場合は

地上にベッドを作るのだが

シルバーバックがいない場合は捕食者に対抗できないので

木の上にベッドを作るらしい。

 

アフリカといえども地域によっては

夜になれば15度以下に冷え込む。

 

チンパンジーのベッドは屋外にあるので

寒そうではあるが

意外と葉っぱには断熱効果があるようで、温かいのだ。

 

また

ベッドは前述したとおり

皿のような形をしているので防風の役目もあるようだ。

ただ、雨は避けることができない。

 

アジアの熱帯雨林に住むオランウータンは

屋根を作る。

一年中雨が降るのでそうなったようだ。

 

コンゴ盆地に住むボノボ

体の上に枝葉をのせて雨を凌ぐそうだ。

 

一方、

チンパンジーは何もしない。

 

雨が降ってもしばらく経てば止んで、晴れる

という気候がそうさせているのかもしれない。

 

また、

ベッドには防虫効果があるようで

スチュワード氏の研究では

自ら地面で寝た場合と木の上で寝た場合とで比較。

 

地上では20箇所以上蚊に刺されたのに対し

木の上では一箇所程度であったとのこと。

 

折った枝から出るにおいなどが

効果を発揮しているのかもしれない。

Embed from Getty Images

 

チンパンジーを始め大型の類人猿はベッドを作って眠る。

ベッドで眠るようになったことで

大型の類人猿の祖先は認知能力の進化が促進されたという。

 

眠りの中でも

起きている時に近い脳波が見られることがある。

 

人では眠り始めてから約90分頃に現れる。

 

この時眼球は、素早くあちこちに動く。

これは急速眼球運動と呼ばれ

頭文字をとってレム睡眠と呼ばれる。

そうでない時をノンレム睡眠と呼ぶ。

 

睡眠中はこれらが交互に現れ

人の場合は約90分周期となる。

 

人が夢を見るのは

レム睡眠の時の方が多いようだ。

 

記憶に残っている夢は

おもに朝方のレム睡眠の時に見たものらしい。

 

ノンレム睡眠の時、筋肉の緊張状態は続いており

レム睡眠の時は骨格筋の多くが弛緩してしまう。

チンパンジーのベッド

チンパンジーのベッドは、寝るために作られる。

 

見た目は鳥の巣のようだが

抱卵のために作られる鳥の巣とは目的が違う。

 

ベッドの上は安全か。

 

木の上にベッドを作ることで

捕食者から襲われることはほとんどないようである。

 

ヒョウは木の上に登ってくるが

チンパンジーがベッドを作る木は細く、

ヒョウのように爪を立てて木を登る動物では

登ってくることができない。

 

仮に登ることができたとしても

枝がしなるので、すぐにわかってしまうのだ。

 

Embed from Getty Images

チンパンジーはベッドで眠る

野生のチンパンジーはアフリカにのみ生息している。

アフリカといっても全土ではなく

赤道付近の熱帯林や乾燥疎開林が主な生息域である。

 

生息数は推定17万頭から29万頭ほどで

国際自然保護連合(IVCN)により絶滅危惧種に指定されている。

 

チンパンジーは木の上で眠る。

自分でベッドを作りその上で眠るのだ。

 

低いものは地上5メートル、

高いものでは20メートルを超える高さに作られる。

 

大きさは直径約90センチほどで、浅い皿のような形をしている。

 

チンパンジーは集団を作って生活し

数十平方キロメートルの遊動域の中で

果物や葉っぱなどを食べて暮らす。

 

森のあちこちで実る果物を食べて歩くので

行った先で日が暮れればそこにベッドを作る。

 

基本的にベッドは毎日作り、使い捨てとなる。

ベッドは枝を曲げる、折る、切って置くことで作られる。

 

曲げる折るを繰り返し、

足元の枝葉は複雑に織り込まれたベッドへと形作られていく。

 

ある程度組み上がると

小枝を切り取って積み重ね、寝心地を調整していく。

 

約三十数本の枝が使われ組み込まれる

簡単に作られたベッドだが、壊れるまでには34ヶ月かかる。

Embed from Getty Images

ベッドを作る樹種として選ばれる樹にも好みがあるようで

積み重ねた葉が心地良くなる、

葉の面積の大きな木を選ぶようだ。

 

またベッドの再利用は基本的にしない。

 

それは

シラミやノミがいるかも、ということではなく

時間が経てばベッドの葉が枯れてしまうからである。

寝心地が悪くなり、

ゴキブリがいたりすることもあるせいかもしれない。

 

数分で新しいベッドが作れるのだから

わざわざ古いものを再利用する必要はないのだ。

大量絶滅諸説

天体衝突説の支持者は

K-T境界層を作ったと思われる衝突の

直接的痕跡が発見されていることを重視している。

 

1989年、ユカタン半島北部の地下で確認された

チチュラブクレーターがそれに該当する。

 

直径が200キロに達し

隕石の衝突エネルギーは絶滅が起こったと想定される規模に

合致する。

 

マントルプリューム説にも物証は存在し

インドのデカン高原がそれに当たり

K-T境界を挟む前後50万年に形成された。

 

形成当時は

200万立方キロメートルの溶岩が噴出したとされ

同時に

大量の二酸化炭素や硫酸ガス、窒素酸化物、

イリジウムなどが放出された。

 

大量絶滅では

海進と海退、海洋の無酸素化が起こる。

 

これは

海域でのマントルプリュームの上昇により

地形が変化することで説明できる。

Embed from Getty Images


そのほか

ペルム紀末、三畳紀後期、白亜紀末それぞれの絶滅前で

磁場の消失が起こっている。

 

大量絶滅が終わる頃に

磁場の逆転が始まっていることも分かっている。


磁場は外核の対流によって起こり

対流は外角の上下の温度差で起こる。

 

マントル基底部がドロドロに溶けて

熱的キャパシティがいっぱいになれば対流は止まり

地場も消失する。

 

マグマが上昇すれば

対流も復活するということである。

 

近年、絶滅には周期性があることも分かった。

 

この周期性は

マントルプリューム説で

ある程度説明することができる。

 

絶滅周期を

宇宙的現象で捉える説、

彗星シャワーによるという説

もあるが、決め手に乏しい。

 

そのほかには、超新星爆発による影響。

太陽系の近くで爆発が起こったとすると

膨大な放射線が地球に降り注ぎ

生物を絶滅に追い込むであろう。

 

放射性炭素を調べた結果

マンモスの絶滅は

超新星の爆発によると思われることが分かった。

 

哺乳類は

酸素をより効率よく利用するために進化していった。

 

鳥類、恐竜なども

哺乳類とは違う方法で効率的な呼吸法を取得した。

 

大量絶滅は生物の進化に大きく関わってきた。

これからも長期的に繰り返されるのか。

詳しくはこれからの研究に委ねられる。

広告を非表示にする