アントニオ・ガウディ

1900年前後、スペインが生んだ3人の天才画家がいる。

ピカソ、ミロ、ダリ。

 

いずれもカタルーニャを通って世界に旅立っている。

ミロはバルセロナ出身、

ダリはバルセロナから車から2時間ほどのフィゲラス

という街、

ピカソはマラガで生まれたが14歳の時にバルセロナに移り住んでいる。

 

カタルーニャは中世以前は独立国家であった。

15世紀後半にスペインに統合、

20世紀初頭には独自の文化を再生しようとする

レナシェンサと呼ばれる運動が活発になる。 

それは

ピカソ、ミロ、ダリといった画家を輩出するきっかけとなった。

 

だが

その運動だけでなく、少なからずガウディの存在が

彼らに影響を与えたのは間違いない

(ちなみにピカソはガウディを毛嫌いし、風景画からガウディの手による

建築物の存在をなくしたりしている)。

 

さて

ガウディは職人の家に生まれた。

父親は銅板家具を作る職人、祖父、また曽祖父も職人である。

 

彼は子どもの頃から体が弱く

友達が走り回るなか、座って見ている子どもだった。

そういったときに身近に自然を感じたのかもしれない。

また職人の家に育ったことが

造形、思考の根本となっているのであろう。

 

ガウディとよく比較される同世代のスペインの建築家として

ドメネク・イ・モンタネールがいる。

彼はガウディが世に出たときにはすでに活躍していた。

今日では

歴史の評価がガウディに大きく振れているので

「ガウディになれなかった男」

などと言われているが、

技術力、装飾性などが優れており

彼の生前の評価はガウディのそれよりも上であった。

また

エリートで社会的地位も高かったモンタネールは

職人気質のガウディと違った点もあった。

 

f:id:ojicalifornia:20170815135038j:plain

 

ところでガウディが表舞台にいられたのは

スペインのカタルーニャの大富豪、エルセビオ・グエル(Eusebi Güell)

との出会いが大きい。

グエルはガウディの才能に気づき、彼をサポート、その才能を開花させた。

 

 

サグラダ・ファミリア3

ガウディが弟子たちに残した重要な言葉の一つに

 

「人間はなにも創造しない。ただ発見するだけである。

新しい作品のために自然の秩序を求める建築家は、

神の創造に寄与する。

ゆえに独創とは、創造の起源に還ることである」

 

というものがある。

 

ガウディは自然を偉大な書物とみなし

自然の法則、秩序などから与えられたものを最大限に有効利用しながら

人間の役に立つものをつくろうとした。

 

建物の材料や色、光、音、構造。

 

ガウディはサグラダ・ファミリア自体を楽器とし、

音を奏でる仕掛けを考えていた。

 

完成の暁には、どのような音を奏でるのか。

 

f:id:ojicalifornia:20170811144538j:plain

 

サグラダ・ファミリアのロザリオの間は

ガウディが生前に完成させた唯一の内部空間である。

 

 

サグラダ・ファミリアの彫刻は基本的に聖書の物語を

表現する役割を担っているが

ロザリオの間には聖書とは関係のない現代的な彫刻像がある

(残念なことに内戦により破壊、しかし現在は

日本の彫刻家によりロザリオの間は修復されている)。

「爆弾を持った若者」と、その反対側の「祈る少女」である。

 

「tentacion(誘惑)」という副題のあるロザリオの間。

 

「爆弾を持った若者」像をよく見ると

若者の小指のみが爆弾を掴んでいる。

悪魔から爆弾を手渡され躊躇なく受け取ったのではない一瞬のためらい

が表現されているのだ。

「祈る少女」は

マリアに祈りを捧げる少女が、魚に化けた悪魔に金銭袋で誘惑されている。

 

ガウディはなぜ

サグラダ・ファミリアの中のこの間を第一に完成させたか。

 

それは、教会をつくり続けるものに対し二体の像が表現する

「暴力やお金への誘惑という正義感や優しさと同居する

悪魔の存在を知れ」

というメッセージが込められているのではないか、という考えがある。

 

ガウディの本当のメッセージは今はもう、知ることができない。

サグラダ・ファミリア2

サグラダ・ファミリア

7.5メートルと17.5メートルという数字が基準となり

寸法が決められている。

 

柱の間隔、大きさ、高さが

それらの倍数となっている。

 

7.5メートルとは

カタルーニャ地方では古くから歩測で距離を測るとき

1歩分をカーニャと呼び、75センチとしてきた。

ほか、洋式軍隊が行進するときの1歩が75センチが基準とされており

その10倍となっている。

身体感覚としてより分かりやすいこの数字を選んだようだ。

 

f:id:ojicalifornia:20170812130152j:plain

 

ガウディは1898年から1908年にかけて

「コロニア・グエル教会の逆さ吊り実験」

というものを行った。

天井に両端を固定した糸を何本か吊り下げて

その先におもりを付けた。

 

懸垂曲線(重力で引っ張られることによって描かれた曲線)は

重力による引っ張り力のベクトルと一致した状態となっている。

それを180度回転させれば圧縮力のベクトルが

アーチ形状と完全に一致した状態となり

もっとも無駄のない構造となる。

 

コロニア・グエル教会の地下礼拝堂はこの実験を実践、

自然と調和した完璧な建物の一つである。

 

この実験を行ったとき

すでにサグラダ・ファミリアは建設中であったので

逆さ吊りの着想を早くから持っていたガウディは

彼が最初から関わることのできる

このコロニア・グエル教会で実践したのではないかと思われている。

 

逆さ吊り実験に基づく構造はサグラダ・ファミリアにも取り入れられており

内部の柱はすべてが枝分かれしている。

 

これは

過去の大聖堂の建築に見られたフライング・バットレスをなくしたため

大きな採光空間を得ることができるものとなった。

 

 

サグラダ・ファミリア1

アントニオ・ガウディ

 

もっとも有名な建築物は、やはり

サグラダ・ファミリア(聖家族贖罪聖堂)である。

 

サグラダ・ファミリア建設の主任建築家としては

実はガウディは二代目にあたる。

 

教会は未だに建築中であるが

初代建築家の描いた図面のまま建設されていたら

今日のように有名になることはなかったであろう。

 

ガウディは建物をつくる上で

あまり図面を重視していなかったようである。

 

各部の精巧な石膏模型を作り、それをもとに職人たちに

指示をした。

建物をつくりながら模型も修整をしていき

職人はそれを見てガウディの考えを理解し形にした。

 

図面はガウディにとってあまり意味をなさないのだ。

 

彼は職人の中に入っていき、模型を見せて提案、

造形は職人だ。

 

ガウディは職人たちの力を非常に大切にしていた。

その象徴として「職人たちの紋章」がある。

 

ガウディは

「大窓のある聖堂の側壁、その要石のところに彫れ」

と、職人たちに彼らの紋章を彫らせた。

そして

「そこにはJMJというアルファベット文字を入れよ」

と指示。

 

JMJとは、イエス、マリア、ヨセフを意味し

聖家族に捧げるこのサグラダ・ファミリアを意味している。

 

  f:id:ojicalifornia:20170811144538j:plain

 

サグラダ・ファミリアの建物は一見、

曲線を多用しているように見えるが

実は

双曲線面、放物線面を使い

基本的には直線で構成されている。

 

ガウディは水平と垂直が交差するところに

放物線面を使い、構造的な問題を解決している。

 

ガウディはこの構造を自然から学んだ。

 

構造上の必要な部分にはこのような幾何学を用いているが

その他の部分は職人に任せ、

自然が持つ偶然性にならおうとした。

 

恐竜のタンパク質

2005年、ティラノサウルス・レックスの化石から

血管や細胞が見つかったとの発表があった。

 

約6,800年前の化石、

この化石の鉱物部分をEDTAという薬品で溶かすと

中から数ミリの有機物の塊が得られた。

 

顕微鏡で調べると管状の構造と丸い赤血球のようなものが

確認された。

f:id:ojicalifornia:20170806220826j:plain

シュバイツァーはこの有機物が

ティラノサウルスのものかを確認するため、

有機物のタンパク質を調べた。

免疫反応を使ってコラーゲンというタンパク質が存在していることを確かめたのだ。

その免疫反応を起こすために利用する抗体を作るには

まず恐竜の分子を用意する必要がある。

だが実際には恐竜の分子は用意できないので、

ニワトリの分子を使い、抗体を作った。

 

鳥類は恐竜の子孫であるから

ニワトリのコラーゲンに対する抗体は

ティラノサウルスのコラーゲンとも結合すると考えたのだ。

 

その後、質量分析計を使って

そのタンパク質のアミノ酸配列を決定、論文として発表したが、様々な疑問が出され、有識者が納得できるものではなかった。

他の研究者が他のティラノサウルスの化石を使って

同様の実験を行い同じ結果が得られれば、

先に見つかった有機物がティラノサウルスのものである

という可能性が高くなるのだが。

 

やはり果てしなく古い化石から確実に情報を得るというのはむずかしいことである。

しかしその過程や研究がなされていることを私達は知ることができ、

楽しい。

いつかは化石から、恐竜の生体などが明確になる日がくるであろう。

広告を非表示にする

カンブリア紀の爆発

古生代中生代新生代

 

地球の歴史区分で現在は新生代に属している。

 

中生代は恐竜の時代、

古生代三葉虫のいた時代。

 

古生代の最初の時期をカンブリア紀という。

およそ5億4千万年前から4億9千万年前までの時代である。

 

カンブリア紀以前の地層からは

見つかる化石は少なく、また多様性も貧弱なものである。

それがカンブリア紀の地層となると突然、

三葉虫のような複雑な体を持った様々な化石が見つかり始める。

 

このような

カンブリア初期に起こった生物の急激な多様化を

カンブリア紀の爆発」と呼ぶ。

 

f:id:ojicalifornia:20170730112830j:plain

 

カンブリア紀以前の化石は6億年前以降のものしか見つかっておらず

海綿動物、刺胞動物のような原始動物のものばかり。

節足動物環形動物のような左右相称動物が

カンブリア紀以前に分岐して存在したという証拠となるものはない。

 

カンブリア紀の爆発」はなぜ起こったか。

 

約6億年前に地球は

最後の全球凍結、マリノアン氷河期が終わった。

 

動物の急激な進化はそのあとで、

時期が少しずれているので直接の関係はないようだ。

 

ではなぜ?

 

あるとき動物が、他の動物を食べ始めた。

それまでにはなかったことである。

食べた者は巨大化し、捕食された者は食べられまいと進化。

 

そこから互いにどんどんと進化をしていったと考えられる。

 

さて今度は

現在の貝殻の遺伝子を調べる。

そしてカンブリア紀に貝を作った遺伝子をそこから突き止める。

 

貝はカンブリア紀から現在まで

同じ遺伝的メカニズムで経過してきたわけではなく

劇的な進化や様々な変化を遂げ、ダイナミックに時を経てきたようだ。

 

***

 

なにか一つきっかけがあると

急な変化をとげることもあるのだろうか、

これからも人類は。

 

広告を非表示にする

分子の進化

生物の形態の進化は

「ゆっくりと斬新的に一定な速度」でではなく

断続的に起こっている。

 

分子レベルでも進化は起こっている。

 

形態レベルでも分子レベルでも

進化の主なメカニズムは自然選択、その結果、

進化の速度はどちらも一定ではないと考えられていた。

 

しかしどうも形態の進化と分子の進化速度は違っており

分子の進化速度はほぼ一定となっている。

 

日本の研究者K氏は次々に報告される分子レベルデータを検証し

2つの疑問点をもった。

 

一つは遺伝子の進化速度が速いこと、

もう一つは遺伝的多型(人間のABO式血液型のように複数の遺伝的特徴が

生物集団内に共存すること)。

 

これらが自然選択によって起きているはずがないと考えた。

 

分子レベルの進化が自然選択により起きているとすると

生物は

実際にはありえないほど多くの子どもを産まなくては

ならなくなるからだ。

 

自然選択は古いものを保存するように働くことが多い。

であるから進化を遅くする方向に働く。

 

遺伝子やタンパク質の進化の大部分が自然選択ではなく

中立な突然変異が偶然に集団全体に広がったと考えた。

 

分子進化の中立説に関する有名な方程式がある。

k = v

(k は一世代あたりの突然変異の置換率、v は配偶子あたりの突然変異率)

 

これは

中立な変化において進化速度は突然変異率に等しい、

ということを示す。

 

f:id:ojicalifornia:20170729125554j:plain

さて

人間とニホンザルには共通の祖先がいた。

それは人間ともニホンザルとも違う生物である。

 

その共通祖先から分かれ、両者は進化の時を経てきた。

 

人間は、ニホンザルを経由して進化したわけではない。

 

共通祖先から分かれて進化するという過程は、

全ての生物に当てはまる。

 

広告を非表示にする